岩手県 大船渡市
風景と心の修景および創景事業
(2015)

よみがえる大船渡

復興庁「新しい東北」先導モデル事業
東京藝術大学 社会連携センター「風景と心の修景および創景事業」代表:伊東順二
監督・撮影・編集:三好大輔  音楽:上水樽力  修復:NPO法人映画保存協会
製作・著作:東京藝術大学

東日本大震災で被災した岩手県大船渡市の市民の方々の協力のもと、8ミリフィルムを中心としたホームムービーを収集して制作された作品。そこには祭りの様子や家族団欒の風景、町民運動会や漁の様子など、地域の結びつきが強く豊かな時代の様子が記録されていた。被災した8ミリフィルムは専門の技術スタッフにより修復を行った。ヘドロによって溶解したフィルムの傷跡は、日常の暮らしを襲った震災の恐ろしさを生々しく伝えている。

リンク:http://fukeifukko.com

プロジェクト新着情報